音楽教室アルル

おはなし上手な先生のコーナーや、アルルのイベント、新着情報など話題たっぷりのサブページです!

TEL 03-3953-0777

ガン子の”ら・しゃんぶる・どぅ・ら・しゃんそん”

ホーム > ガン子の”ら・しゃんぶる・どぅ・ら・しゃんそん”

歌って踊るクラス

  • ・今年も換気に気をつけて歌って踊ります!!

・今年2曲目の課題曲は「ひょっこりひょうたん島」です。

・生徒さんにはちょっと古い曲かもしれません。

2021年レッスンが始まりました

あけましておめでとうございます。

コロナ禍ですが、換気に気をつけ、レッスンが始まりました♪

第1第3火曜日15:00〜16:30 歌って踊るクラス。

今年は「キューティーハニー」で始まりました。

 

 

NHKの「チコちゃんに叱られる」という番組に応募しました♡

NHKで放送されている「チコちゃんに叱られる」という番組で、チコちゃんデビュー曲「叱られたい!」のダンス動画を募集しています。

早速、2種類を応募してみました。採用されるといいなあ。。。

第1・第3火曜日 15:00~16:30 銀河スタジオ

第2・第4木曜日 11:30~12:30 銀河スタジオ(シニアクラス)・・・座ってダンスクラス

ちなみに、真ん中で踊っている方は86歳です!!

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=YqNX7jyKQ4c&feature=youtu.be

歌って踊るクラスは「チコちゃんに叱られる」に応募します!!

NHKの番組「チコちゃんに叱られる」の中で

チコちゃんの歌「叱られたい!!」のCDが出ました。

歌にはダンスがついており、視聴者が踊っている動画を募集しています。

アルルの歌って踊るクラスでは応募することに決め、

早速、練習を始めました。

ダンスレッスンの体験にいらっしゃった86歳の男性も参加してくださるとのこと。楽しみです。

まだまだメンバーを募集していますので、ぜひご参加下さい。

そして、86歳の男性を迎えるに当たって、

2021年1月より、第2第4木曜日11:30~12:30銀河スタジオで新たに

年齢不問、座ったままでも歌って踊れるクラスを新設します。

三密にならないよう、十分に換気と消毒に気をつけてやっていきます。

ぜひぜひ、体験レッスン(無料)にいらして下さい。

また、現在開催中のレッスン次回予定日は12月15日(火)15:00から銀河スタジオです。

「叱られたい!!」のダンスを練習します。

https://share.icloud.com/photos/0YYJXPDIa_rwUF84BTHNb9YGA

 

動画 – チコちゃんに叱られる! – NHK

 

 

 

ピアノの椅子にも楽器と同じような愛情を。

クラスレッスンで、アルルの銀河スタジオを使っています。

スタジオ設置のピアノの椅子が傷ついていました。

なんだかとても悲しい気分になりました。

「歌って踊る」クラスに出演してもらいました。

火曜日にやっています、「歌って踊るクラス」

両端の二人には生まれて初めての舞台を経験していただきました。

コロナのせいで、たった2ヶ月の練習なのによく頑張って下さいました!!

 

2曲、歌って踊ってもらいました。

https://studio.youtube.com/video/meGy3OVSCE8/edit/basic

 

 

第1第3火曜日15:00~16:30 銀河スタジオ

「歌って踊るクラス」は、換気に十分気をつけ、レッスンしています。

今月で、中森明菜の「TATTOO」の振り付けが最後まで行きました。

あとは、歌いながら何度も踊る!!

今年は、「硝子の少年」と、もうすでに2曲振り付けが終わりました。

 

ダンスクラス再開しました♡

3人クラスですが、

感染予防の為、全員マスクをつけたまま踊ります~~

3ヶ月ぶりに電車に乗り、

3ヶ月ぶりに再開したクラスがダンスクラスで、、、

もう、足腰ヘロヘロです~~~~でも、妙にハッピー!!!

 

6月からレッスン再開

歌って踊るクラスは、6月から再開です。

火曜日 15時から16時30分(前後30分ずつ準備・片付け)

 

シャンソンのクラスは、人数を半分にして、再開です。

水曜日 10時から11時20分

11時30分から12時50分

木曜日 13時30分から15時

15時15分から16時45分

水曜日は銀河スタジオです。

レッスン途中、頻繁に扉を開けますが、

銀河スタジオの他のレッスン室をお使いの方には、ぜひご理解をいただきたいと思います。

よろしくお願い致します。

 

訳詞者の名前を探すのに一苦労。。。

若くして亡くなった私の友人からもらった「キャバレー」の日本語歌詞。

なんとか歌いたいと思っていたのですが、訳詞者の名前がわからなかったのです。

そこで、日本で何回か上演されたときのパンフレットをオークションで買い集めたところ、

やっと、わかりました。1982年、順みつきさん主演で日本初演の時、

コピーライターの小池一子さんによって書かれた訳詞でした。

クラシックの歌では考えられませんが、ポピュラーソング、特にシャンソン&カンツォーネの場合、

「訳詞」への敬意が払われないことが多く、訳詞者の名前がわからないとか

訳詞者の名前がわかっても、歌詞を勝手に変えているとか、

酷いときは、販売されているCDのライナーノーツに間違った名前が掲載されていることもあります。。。

シャンソン&カンツォーネのレッスンでは、

必ず、作詞者、作曲者、訳詞者、制作年もしくは発表年を楽譜に書いてお渡ししますが、

これらの情報を収集するのが、実はかなり大変なのです。

 

2019年9月29日 赤坂Bb発表会にて

« Older Entries  

ページの先頭へ戻る